髪を自然乾燥にまかせておくとはげるって本当?

髪 自然乾燥 はげる

スポンサーリンク


を乾かすのって面倒・・・・・自然乾燥が一番楽でいいわ。

管理人:こまち
わかります。私も以前はいつもお風呂上りにタオルを頭にまきつけて放置。家事や他のことをやってました。

もしあなたが

  • 最近抜け毛が増えてきた
  • 最近髪質が変わってきた
  • 頭皮の臭いが気になる
  • 髪全体のボリュームがなくなってぺたんこになった気がする

などのお悩みがある場合、この記事を最後までお読みください。

シャンプーした後は、どんなにタオルで水分をふきとってもやっぱり湿ってしまいます。ドライヤーで乾かそうにも意外と時間はかかるし、なかなか乾かないわでけっこうストレスですよね。

濡れた髪にタオルをまきつけて放置・・・・・少ししてから乾かせばいいやって思うのもうなずけます。しかし髪の自然乾燥は頭皮にも負担をかけ、私たちの髪トラブルの原因を作ってしまうんです。

ダメージを与え、髪質を悪くし、どんどん抜け毛を増やし、最悪はげることに・・・・・。

この記事では髪の自然乾燥が引き起こすトラブルについてお話します。

スポンサーリンク

髪の自然乾燥で起こる髪の状態

髪 自然乾燥 はげる

髪は普段は1本1本がキューティクルというバリアで守られています。しかし濡れた状態になるとそのキューティクルが開いてしまうのでキューティクルの内側の水分や栄養を保持している部分がさらされて、外部に流出してしまいます。

キューティクルが開きっぱなしだとちょっとした外部の刺激(髪同士の軽い摩擦や、寝具との摩擦など)で大きくダメージを受けてしまうことに。

とてもデリケートな状態になるということなんです。

髪の自然乾燥が引き起こすトラブル

髪 自然乾燥 はげる

髪を自然乾燥に任せるということは次のようなトラブルを引き起こすことになります。

  • 濡れたままの状態が長いと髪が傷みやすくなる
  • 完全に乾かない頭皮には雑菌が繁殖しやすく臭いが発生する
  • 頭皮がいつまでも冷たいままで血行不良になる
  • 寝ぐせをつくりやすい

濡れたままの状態が長いと髪が傷みやすくなる

キューティクルが開きっぱなしで乾いているときに比べて髪が傷みやすくなります。開いたキューティクルのすき間からは髪の主成分であるタンパク質や水分が奪われることで髪のパサつきもひどくなります。

ちょっとした刺激でもいつもの数倍のダメージを負う状況を長く作っていることになります。

完全に乾かない頭皮には雑菌が繁殖しやすく臭いが発生する

頭皮には常在菌と言われる菌が存在します。通常は何も悪さをしない菌なのですが、いつまでも髪が湿っていると頭皮に残っている皮脂やトリートメント剤をエサとしてどんどん増えて頭皮環境を悪化させてしまうのです。

いつもは頭皮を守ってくれる菌でも、異常繁殖してしまうと、かゆみやフケ、臭いのもとになります。

頭皮がいつまでも冷たいままで血行不良になる

濡れた状態が長いと頭皮も冷たいまま。そうなると頭皮の下を流れている毛細血管の血流が悪くなります。

血管の中を通って酸素や栄養が髪の毛根に届けられるのでその流れが滞ることによって十分な栄養が行き届かないことに・・・・・。栄養不足の髪の毛は成長をとめてしまい抜け毛となって途中で落ちてしまいます。

それが続くとはげることにもつながります。

寝ぐせを作りやすい

自然乾燥はどうしても完全に乾いていないことが多いので、乾いたつもりでお布団に入っても実際はまだ湿っていることも。その状態で寝てしまうと想像がつくと思いますが、朝起きたときに髪が爆発してしまいますよね。

寝ぐせは髪が乾く過程で形状が決まるので、お布団の中で寝がえりをうったり、お布団や枕との摩擦で乱れてしまった髪はまっすぐな形状を保てずハネとなってしまいます。

翌朝スタイリングに時間がかかるので、精神的なストレスも生み出します。

 

正しい髪の乾燥方法とは?

髪 自然乾燥 はげる

正しい髪の乾燥法は、しっかりタオルドライを行ったのち、ドライヤーで早めに乾かしてあげること。

面倒くさいと思ってしまうドライヤーですが、自分の健康な髪を維持するためには毎日ていねいに乾かしてあげましょう。

管理人:こまち
ドライヤーの熱も髪を傷めることになると思うんだけど・・・・・。
美容師:まるちゃん
ドライヤーの熱によるダメージより自然乾燥で放置することのほうが頭皮や髪に負担をかけちゃうよ!

 

タオルドライもドライヤーも正しい方法で行ってあげれば心配いりません。

▼こちらの記事も参考にしてみてくださいね▼

 

「自然乾燥で髪がはげる?」のまとめ

自然乾燥は忙しい現代人にとっては魅力的です。タオルなどで髪をひとまとめにしておけばその間色々なことに時間を使えます。

しかし、その行動は頭皮や髪に色々な負担をかけ、将来はげることにもなりかねません。

自然乾燥で髪を放置することのデメリットは多く

  • 濡れたままの状態が長いと髪が傷みやすくなる
  • 完全に乾かない頭皮には雑菌が繁殖しやすく臭いが発生する
  • 頭皮がいつまでも冷たいままで血行不良になる
  • 寝ぐせをつくりやすい

などがあります。

髪を健康で美しく保つためには毎日の正しいタオルドライとドライヤーでの乾燥をマスターしていきたいものですね。

あなたの髪質が最近変わってきたという場合には自然乾燥に頼っていないか今一度見直してみてくださいね。

 

自然乾燥はしていないのに、次のようなことが思い当たるあなたへ・・・・・。

  • 最近髪全体のボリュームがなくなってきた
  • ヘアスタイルがなかなか決まらない

もしかして最近髪が細くなってきたということはありませんか?

髪質が変わってきたせいで日々のスタイリングが決まりにくくなっているのかもしれません。髪質の変化に悩んでいるあなたはこちらの記事も参考にしてみてくださいね。
↓↓↓

 

手っ取り早いのは毎日のシャンプーを見直すこと!!!
↓↓↓

40代でも髪質改善!くせ毛におすすめシャンプー3選

 

気になる髪型の記事一覧はこちら

レングス別(髪の長さ別)おすすめ記事一覧

真似してみたい女優さんの髪型についての記事一覧

 

▼シャンプーレビュー記事はこちら▼

スポンサーリンク


髪 自然乾燥 はげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です