美容師が教えるシャンプーの泡立ちが悪い原因7つ

シャンプー 泡立ち

スポンサーリンク


ャンプーしててもテレビCMのような泡立ちにならない・・・・・なんてお悩みはありませんか?

管理人:こまち
そうね、女優さんのシャンプーシーンではモコモコ泡になっていてすごいなあって思うけど、いざ自分がやってみてもあれほどは泡立たないのよね~?
美容師:まるちゃん
ははは、そうだね。シャンプーの泡立ちが悪いのにはそれなりの理由があるからそれをわかっていれば今日からしっかりした泡立ちでシャンプーできるようになるかもね。

 

アミノ酸系シャンプー、クリームシャンプーというようにもともと泡立ちにくかったり、泡立たないタイプのシャンプーもありますが、その洗浄成分にかかわらず泡立ちが悪い場合もあります。

その理由を知ることで今までが嘘のように泡立ちのよい状態を作れるように・・・・・。

シャンプーを泡立てて髪を洗うことにはそれなりの意味があります。この機会にシャンプーの泡立ちを良くするポイントを抑えて毎日自分の頭皮や髪を健康にするシャンプー方法を取り入れていきましょう。

 

この記事ではシャンプーの泡立ちが悪い理由と効率よく髪を洗うポイントについてお話していきます。

スポンサーリンク

シャンプーの泡立ちのしくみ

シャンプー 泡立ち

シャンプーを泡立てるためには基本的な3つの要素が必要になってきます。その3つとは、

シャンプーの泡立ちに必要な要素
  • シャンプー剤
  • 空気

シャンプーを泡立たせるためにはシャンプー剤と水と泡立てる際に空気が必要になってきます。

 

美容師:まるちゃん
もちろん、それだけが泡立ちを決めるわけではないわ。
管理人:こまち
他にどんな要素があるの?
美容師:まるちゃん
頭皮や髪の状態が関わってくるよ!

 

シャンプーの泡立ちが悪い理由について色々な側面から考えていきますね。

 

シャンプーの泡立ちが悪い原因

シャンプー 泡立ち

シャンプーの泡立ちが悪い原因をあげてみます。

シャンプーの泡立ちが悪い原因
  • シャンプー剤が原因の場合
  • 水が原因の場合
  • 空気が原因の場合
  • 頭皮の汚れが原因の場合
  • 脂性肌が原因の場合
  • 髪につけたスタイリング剤が原因の場合
  • トリートメントが原因の場合

シャンプー剤が原因の場合

シャンプー剤は「界面活性剤」を使っていることによって泡立ちが良くなっています。硫酸系の界面活性剤は泡立ちがよく洗浄力も高いですが、アミノ酸系の界面活性剤は泡立ちが弱く洗浄力が低めのものが比較的多いです。

水が原因の場合

泡立ちを決めるものに水があります。

どんなに泡立ちの良いシャンプー剤を使っても水が足らないと泡立ちません。なのでシャンプー剤を髪につけるときに髪が十分に濡れていないと泡立ちはよくありません。

水の温度も関係あります。

冷たい水よりもぬるま湯のほうが泡立ちがいいです。シャンプー剤はシャンプー時に適温とされる38℃前後で泡立ちが良くなるように作られていることが多いです。

空気が原因の場合

シャンプー剤と水と髪との絡みで空気をたくさん含むように洗った場合、よく泡立ちます。これは洗い方のくせにもよります。

頭皮の汚れが原因の場合

  • 空気の汚れた場所に長時間いた
  • 何日も髪を洗っていない
  • 汗を大量にかいたままにしている

などの理由で頭皮が汚れていると、いつものシャンプー剤の量では泡が立ちにくくなります。

脂性肌が原因の場合

肌タイプが脂性肌だったり、日ごろから油っぽい食事が多いなどの理由で頭皮の皮脂分泌が多い場合、泡立ちが悪くなります。

髪につけたスタイリング剤が原因の場合

髪につけるワックスや髪型をガチガチに固めるスプレーなどのスタイリング剤がついていると泡立ちにくくなります。

トリートメントが原因の場合

アウトバストリートメントでオイル系のものを付けている場合は泡立ちが悪くなります。

 

泡立ちが悪いときのシャンプー対策3つ

シャンプー 泡立ち

髪質や体質などによる脂性肌、髪のダメージなどには食習慣や生活習慣の改善も必要ですが、シャンプーの見直しだけでも泡立ちをよくすることができます。

  • 予洗いを念入りに行う
  • 二度洗いする
  • シャンプーを変える

予洗いを念入りに行う

シャンプー剤をつけての洗髪の前にぬるま湯のみで髪を洗う予洗いを時間をかけて念入りに行うことでその後のシャンプーの泡立ちに大きく影響してきます。

念入りな予洗いは髪をしっかり濡らし、表面上の汚れをあらかた落としてくれる役目があるので、泡立ちをよくできるというわけです。

二度洗いする

「何日か髪を洗っていない」「大量に汗をかいた」という時は一度のシャンプーではなかなか泡立ちがうまくいきません。これは単純に

髪や頭皮が汚れているから・・・・・

ですので、最初は髪の表面を洗って一度しっかり流し、二度目は頭皮をしっかり洗えば泡立ちもよくなります。

シャンプーを変える

アミノ酸系のシャンプーでも泡立ちのよいものはたくさんあります。今使っているシャンプーの泡立ちが改善しない場合は、シャンプーを変えてみることも一つの方法です。

 

「シャンプーの泡立ちが悪い原因」のまとめ

シャンプーの泡立ちが悪い原因7つ

  • シャンプー剤が原因の場合
  • 水が原因の場合
  • 空気が原因の場合
  • 頭皮の汚れが原因の場合
  • 脂性肌が原因の場合
  • 髪につけたスタイリング剤が原因の場合
  • トリートメントが原因の場合

泡立ちが悪い場合のシャンプーの改善方法3つ

  • 予洗いを念入りに行う
  • 二度洗いする
  • シャンプーを変える

をお伝えしてきました。

管理人:こまち
私が使っているのはアミノ酸系ですが、泡立ちはなかなかいいですよ!

アミノ酸系シャンプーでもしっかり泡立ったと感じたシャンプーはこちら
↓↓↓

管理人:こまち
私はこれでエイジングケアしています。

 

▼▼こちらも参考にしてくださいね▼▼

【体験レビュー】haru 黒髪スカルプを40代・50代女性におすすめする3つのポイント!

スポンサーリンク


シャンプー 泡立ち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です